花は散らず、気流に乗って上昇し宙を舞う。朱鷺色のわだかまりが織り成す空間は、柔らかい陽光にきらきらと弾けた。
 ひんやりとした霞が僕の頬を撫でる。皮膚に埋め込んである緑柱石(ベリル)の湿った感じが心地良かった。
 ふと足元を見ると、雲間に春告鳥が事祭(ことまつり)の日取りが決まったことを賑やかに触れているのが見える。
「あぁ、それで、」
 繋留中の帆船(ホヴァアボゥト)がその帆に風を溜めていたのだ。色とりどりの帆と、船首に飾られた真珠の疑似餌が、これから始まる祝祭を華やげる。
 強い風が吹く。春疾風の匂い。今日は船が出るに違いない。空色を滲ませた雲海を回遊する水人形を獲る為に。
 この時期特有の烈風に乗って、水人形はこの湊にやって来る。花と温度と季節を連れて押し寄せる風は、僕の心を緩やかに融し、繻子の光沢の雲の波に見え隠れするてらてらとした魚影群は、いつでも僕の視線を絡めとった。
 祝膳を飾る水人形たち。獲るのではなく、獲られる感覚に震えた。
 水平線の彼方がざわめく。一斉に帆船が舫綱を外し、はらんだ風を吐き出して滑り出した。
 僕は萌黄色の帆を張った船を選ぶと、雲海へと翔る。千切れた雲の破片が頬の緑柱石を濡らして消えた。



 気ヲ付ケナケレバイケナイ



 角膜に記憶された残像。



 水人形ノ数ハ普遍ダ



 鼓膜に貼り付く幻聴。



 事祭デ喰ラッタト同ジ



 去年の祭で贄となったのは柘榴石(ガーネット)の鱗を持った水人形だった。



 鉱石ガ消エル










 浮遊感。










 遠くの船の先に翠色セロファンの煌き。最初の水人形が跳ねる。
 天(そら)に舞う花と真珠の疑似餌を視界の端に捉えた時、僕の意識は緑柱石に飲み込まれた。







‥了